【無気力から脱出】才能が重要だと思っていませんか?

努力のイメージ 無気力状態を脱する

こんにちは、カツヒロです。

今回は、「無気力状態を脱する意外な考え方」について書いていきたいと思います。

気になる方は、以下の記事を読んでみてください。

この記事で解決する問題

「最近やる気が出ないなぁ。」
「自分は無気力状態かも?」

こんな風に思っていることが解決するかもしれません。

「該当するな」と思う方は、ぜひ読んでみてください。

この記事を読むと得られる効果

この記事を読むと、以下のような結果が得られる可能性があります。

  • 無気力の理由がわかる
  • 行動しようと思う
  • 周りの目があまり気にならなくなる

問題の解決方法と根拠

無気力の原因は、

「硬直型マインドセット」にあるかもしれません。

硬直型マインドセットとは、「マインドセット」という本で語られている、悪い傾向の呼び名です。

マインドセットの購入リンクは下記です。

マインドセット「やればできる! 」の研究
Amazon.co.jpによる詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4794221789/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_HfiLEb80X5KPE

「硬直型マインドセット」の特徴

「硬直型マインドセット」の人は、

  • 才能は生まれながらのもの
  • 努力しないと得られないものは追わない
  • 簡単に達成することがいいことだ
  • 苦手なものはやる意味がない
  • 人間関係には相性がある

という考え方をするとのことです。

「しなやかマインドセット」の特徴

反対に、良い傾向の考え方を「しなやかマインドセット」というそうです。

「しなやかマインドセット」の人は、

  • 目標は努力して達成するもの
  • 以前できなかったことが、できるようになることが嬉しい
  • 苦手かどうかはやってみないと分からない
  • 人間関係の維持には努力が必要

このように考えるそうです。

私は「硬直型マインドセット」でした

「努力しても無駄」と考えているから無気力になるのではないでしょうか。

私はこの本を読んで、
自分は「成功できるかどうか判断するために努力していた」ことに気づきました。

私は「硬直型マインドセット」でした。

成功できるかどうかは生まれながらに決まっていて、自分が成功できることかどうかを確かめるために、物事に取り組むものだ。と考えていました。

「すでに当たりが決まっているあみだくじを選んで、答えまで辿る」というやり方を今までしていました。

「しなやかマインドセット」だと、
成功は自分の努力できまるものと考えるようです。
努力することは悪くない、当たり前のことと思っているようです。

何かに取り組むときに、「自分にできるかどうか」は考えないようです。
「やるかやらないか」という考えをするのでしょうか。

多くの有名スポーツ選手もしなやかマインドセット

メジャーリーグの有名選手「ベーブ・ルース」や、バスケットの「マイケル・ジョーダン」「カリーム・アブドゥルジャバー」、ゴルフの「タイガー・ウッズ」など多くのスポーツ選手も「しなやかマインドセット」のようです。

いずれの方も、努力することが苦ではなく、人並みならぬ努力を続けてきたそうです。

おそらく、イチローさんも「しなやかマインドセット」だと思います。(引退時の記者会見を思い出すと、そう思えます)

私はこの話を聞いて、「しなやかマインドセット」を目指そうと思いました。

この本を読んで衝撃を受けました

今回この話題をしたのは、自分がこの本を読んで衝撃を受けたからです。
今までうまくいかなかったのは、自分が「硬直型マインドセット」だったからだ!と気付きました。

そして同時に、同じように「硬直型マインドセット」になっていて、困っている人はいるはずと思い、記事にすることにしました。

問題解決のための行動

  • 人生が上手くいかないな
  • 何をやってもダメだ
  • 人の言動が気になる(どう評価されているか気になる)

と言う人は、紹介した「マインドセット」を読んでみてください。

その上で、「しなやかマインドセット」の考え方を取り入れ、実践してみてください。
大雑把にいうと、「努力」することを大事にすることです。
もう少し正確にいうと、「努力」は嫌なものではない、当たり前のことで、苦しいものでもなんでもない。
ごく自然にすることだと思うことのようです。

こんな感じに思えるようになったら、心が楽になるのではないか、と私は考えるようになりました。

まとめ

ご拝読お疲れ様でした。
いかがでしたか?

もしかすると、硬直型マインドセットの人は、この記事自体が受け入れられないかもしれません。

「自分もそうかも」と思いながらも、ここまでしっかり読めた場合は、変われる傾向にあるかもしれません。
是非、本を読んでみてください。

今まで「硬直型マインドセット」であることで苦しんでいた人にとって、この記事が役に立てば嬉しいです。

それでは、またよろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました